使い捨て手袋にはどのような種類がありますか?

フェイスブック
ツイッター
LinkedIn

目次

02:31 am に 1月 23rd, 2024 の最終更新

の用法 使い捨て手袋 あらゆるヘルスケア環境に不可欠な要素です。医療提供者と患者を潜在的に危険な微生物から保護するだけでなく、業界全体の衛生とケアの基準を確立するのにも役立ちます。これは驚くべきことではありませんが、使い捨て手袋がすべて同じように作られているわけではないことに気付いていないかもしれません.

使い捨て手袋には、ニトリル手袋、ラテックス手袋、ビニール手袋の 3 種類があります。このブログでは、これらの手袋の違いを調べ、各タイプがどの環境に最も適しているかについての情報を提供します.

使い捨て手袋の種類

ほとんどの人は、サービスまたは医療業界で雇用されていない限り、使い捨て手袋について考えていません.私たちは皆、人生のある時点で使い捨て手袋を使用しており、今後もそうするでしょう。

手袋は、実行するタスクに基づいて特性が異なります。使用しているのが使い捨ての薄い材料か複数回使用の材料かに関係なく、先に進む前にそれらの違いを知ることが重要です。まず、現在入手可能なさまざまな使い捨て手袋を見てみましょう。

ラテックス手袋

ラテックス手袋には、パウダー付きとパウダーなしの 2 種類があります。タルカムやその他の粉末は多くの人の肌を刺激するため、オペレーターはキッチンで刺激を報告した場合、粉末手袋の購入を避けます.使い捨てのゴム手袋は、耐久性があり、丈夫で、生分解性の素材でできているため、着用者の快適性と触覚の感度が向上します。

ラテックス手袋は、手や食品の交差汚染を防ぐため、キッチンでは一般的です.商業用キッチンでラテックス手袋を使用できるさまざまな目的があります。ハイエンドまたはファーストカジュアルな施設に適したこれらの手袋は、印象を残さずに奉仕することから、大規模なシフトの後にレンジを掃除することまで、あらゆる用途に使用できます.

最適:

  • 優れた敏捷性と快適性 - 第二の皮膚のようにフィットします。
  • それらは、高度なタッチと触覚感度により、外科医の間で人気があります。
  • 弾力性があるため、強度が高いです。
  • 細菌、ウイルス、一部の化学物質から優れたバリアで保護します。
  • 素材は天然素材です。したがって、生分解性です。
  • 経済的なソリューション。
  • 軽くパウダー状になっているので、脱着がしやすくなっています。

なんで?

ラテックス手袋の使用は、今日最も普及しているものの 1 つです。食品の調理や健康診断など、さまざまな用途に使用されています。使い捨て手袋は第 2 の皮膚のようにフィットすると言われているため、多くの業界で一般的に使用されています。場合によっては、ラテックスがアレルギー反応を引き起こす可能性があります。その結果、一部の州ではラテックス手袋の使用が禁止されています。これらの使い捨て手袋の利点は、適切に廃棄すると生分解性になることです。

ニトリル手袋

ニトリル手袋の特性は、ラテックス手袋の特性に似ています。ラテックスアレルギーに苦しんでいる人は、代替オプションになるかもしれません.ラテックスより少し強いですが、ネオプレンほど強くはありません。化学的で穴が開きにくい素材を提供します.その柔軟性と触覚特性の結果として、ニトリル手袋は、柔軟性と触覚がありながら、タイトで肌のようなフィット感を提供します.ラテックスと同様に、これらの手袋はキッチンでの長時間の使用に適しており、多くの作業に使用できます。

最適:

  • 非ラテックス。
  • 3つのバッグはすべて穴が開きにくいですが、このバッグが最も耐久性があります。
  • ラテックスと同様に、手にぴったりとフィットします。
  • 丈夫で長持ち。
  • 長時間の着用に適しています。
  • 幅広い化学物質や石油ベースの製品に対して優れた保護を提供します。
  • 合成品なので、賞味期限が長いです。

なんで?

次のタイプはニトリル手袋です。このような使い捨て手袋は、現代世界で使用されている最も用途の広いアイテムの 1 つです。これらの材料のさまざまな種類と厚さで、ほとんどすべてのタスクを実行できます。ラテックスフリーの性質のため、アレルギー反応の可能性はありません。ラテックス手袋に比べ強度が高く、耐薬品性に優れています。診療所にいるとき、カウンターの箱を見ると、ニトリル手袋が見つかる可能性が高い.

ビニール手袋

ビニール手袋は、石油系素材であるPVCで作られています。ビニール製の使い捨て手袋には、安価に製造できるという主な利点があります。ただし、ラテックスやニトリルほど耐久性がなく、化学物質や生物剤に対する保護も十分ではありません。ビニール手袋を伸ばしたり曲げたりすると、個々の分子が分離し、保護バリアの完全性が損なわれます。

さらに、ビニール手袋は、環境への影響に関する懸念を提起しています。ビニール手袋は安価でほとんど保護されていないため、危険のない低感染環境で一般的に使用されています.

最適:

  • ラテックスは含まれていません。
  • 魅力的なデザイン。
  • 費用対効果が高く経済的なオプションです。

なんで?

使い捨てビニール手袋は食品の準備にも使用でき、ラテックスフリーです。革製の手袋とは異なり、ビニール製の手袋は多くの化学物質に対する耐性がなく、100% 合成素材で作られているため、手頃な価格で低リスクの活動に適しています.多くの美容師は、この使い捨て手袋を使用して髪を染めます。

ポリエチレン手袋

これらの手袋は、高い消毒レベルを必要とする作業に限定されており、食品取り扱い作業などの非危険物を伴います。その結果、これらの手袋はより大きくなり、時には腕まで伸びて前腕を保護します.これらの手袋は、長持ちし、信頼性が高く、相互汚染の防止に効果的です。滑らかな手袋に加えて、エンボス手袋もご用意しています。エンボス加工されたポリエチレンの手袋は、滑らかなポリエチレンよりも優れたグリップを提供します。手袋は、より低いレベルのリスクを伴う作業にのみ使用する必要があります。医療機器や化学薬品を扱う活動には適していません。

最適:

  • 調理関係の仕事です。
  • 清掃や食事の提供など、高度な消毒が必要な作業。
  • 非有害物質の場合。

どうして?

これらの手袋は非常に薄く、プラスチック製で、食品の準備などの軽い作業に適しています。これらを手元に置いておくと、レストランの従業員がそれらを処分したり、機能間で変更したりすることが容易になります.フィット感が緩いため、高度なスキルを必要とする作業には使用しないことをお勧めします。

いつ使い捨て手袋を着用するか

任意の手袋は、それらを使用する人々と同様に、さまざまな用途で使用されます。次の状況では、使い捨て手袋を使用する必要があるか、または使用することでメリットが得られます。

  • 着用者が化学薬品や皮膚刺激物にさらされる状況。
  • 血液、尿、糞便、嘔吐物、粘液などの体液が着用者に接触する可能性があります。
  • 着用者の手から他の人への細菌の拡散を防ぐため。
  • 手を汚す可能性のある物質の取り扱いには注意してください。
  • 皮膚に油を使用すると、損傷する可能性のあるアイテムに損傷を与える可能性があります。
  • 不明または未定義のアイテムの処理。
  • 切り傷、擦り傷、火傷、およびその他の同様の怪我から保護するように設計されています。
  • それは、全体的な衛生、快適さ、または個人的な好みのためかもしれません.

仲間の従業員、顧客、またはクライアントが天然ゴムにアレルギーを持っている可能性がある場合は常に、ニトリルまたはビニールなどの類似の合成素材で作られた手袋の使用を避ける必要があります。ラテックス手袋を着用している人が触れた物体に触れるだけで、一部の人にアレルギー反応を引き起こす可能性があります.

購入ガイド

使い捨て手袋を購入するときはいつでも、次の手順に従う必要があります。

手の大きさ: 使い捨て手袋を選ぶときは、手の大きさを考慮する必要があります。サイズによっては、大きすぎたり小さすぎたりすると最適な保護ができない場合があります。

保護基準: 使い捨て手袋は個人用保護具 (PPE) として使用されますが、安全を確保するためにすべての規制要件を満たす必要があります。

CE マーク: CE マークは、手袋がテストされ、使用が認定されたことを示します。手袋にこのマークが付いていることを常に確認してください。

用途別手袋の選び方

最初は、手袋を買うのは大変に思えるかもしれませんが、キッチンで最も一般的に使用されている手袋を知っておくと、簡単になります.これらの手袋の最適な使用法を理解するために、もう少し詳しく見ていきましょう。

食器洗いと掃除

掃除をするときは、化学薬品、石鹸、その他の過酷な物質と接触するため、手袋が必要です。手袋のクリーニングに関しては、ラテックス、ネオプレン、およびビニールが最適なオプションです.食器洗いに関しては、ネオプレン製の手袋が最適です。

食品の準備と調理

キッチンの手袋に最適なオプションは、ラテックスとビニールです。ラテックスやビニールの手袋を購入するときは、粉になっていないことを確認してください。粉末手袋は敏感肌を刺激する可能性がありますが、快適に着用できます。

結論

健康的でクリーンな選択は、より整頓された健康的な生活を送るための第一歩です。保護バリアを使用することで、手の保護バリアを日常生活に簡単に組み込むことができます。さらに、それは私たちのほとんどにとって大きな勝利です.使い捨て手袋は、病原体や細菌から身を守るだけでなく、周囲の人を守ります。これは私たち全員の共同責任です!利用可能な使い捨て手袋の種類を調べることで、すべての人の健康と安全について十分な情報に基づいた決定を下すことができます。

読むことをお勧めします:

最高の使い捨て手袋を選ぶ – https://www.webstaurantstore.com/guide/514/disposable-gloves-buying-guide.html

さまざまな種類の手袋: 最も安全なものを選択するための施設のガイド。 – https://www.ebpsupply.com/blog/different-glove-types

著作権表示:

Zhengxin の事前の許可なしに、このブログのコンテンツをコピー、変更、公開、表示、送信、または悪用することは、いかなる方法でも許可されていません。この記事を使用したい場合は、次の連絡先に連絡してください。 sales@zxmedppe.com

免責事項:

この記事に含まれる情報は参照のみを目的としており、zxmed は情報の正確性、関連性、または完全性を保証するものではなく、会社はこの記事の内容の正確性または誤りについて一切の責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です